• silentminutejp

沈黙の声がくる~黙想の種 for サイレントミニッツ

最終更新: 2019年12月14日

2019年12月21日午後9時(日本時間22日午前6時)のグローバルサイレントミニッツにむけて、「Silence~沈黙」に関する日々の「黙想の種」をお伝えています。「thought seeds」は黙想の種であり、善き種。それを唱えることで細胞に落とし込み、霊的進化を導く力と恩恵があります。沈黙をより深く理解するためにアグニヨガの教えは「thought seed for silent minute」として、以下のページに掲載されています。

https://sydneygoodwill.org.au/a-silent-minute-2/



"First the storm, then the thunder, then silence." In this absence of sound comes the so-called Voice of the Silence. But higher than this voice is communion. You know how the voice of the Teacher is transmitted; but there can be a coming together in consciousness, not using words but transporting one's consciousness instantaneously into the consciousness of the Teacher. One almost ceases to be aware of oneself; but the Chalice is filled to the brim with straight-knowledge. Such union surpasses words, for it nurtures one with straight-knowledge. All forms of communion are made possible by such a consciousness. Agni Yoga, 563


「まず嵐、そして雷、最後に沈黙」音が消失するなかで、いわゆる沈黙の声が来る。しかし、この声より高い次元はコミュニオン(結合)である。師の声を人はどのように知るであろうか。それは言葉ではなく、自分の意識を瞬時に師の意識に伝達することで知る。そして自我は消え去り、聖なる器は真理で満たされる。真理を生きる心を育てるために、このような結合は言葉を超える。このような意識によって、すべてのつながりは可能になる。

アグニヨガ563

11回の閲覧
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2019 Esoteric Tokyo- Wix.com で作成されたホームページです。